応募したい求人を多く持つエージェントを選ぶ

転職エージェントの選び方

転職エージェントの選び方

転職エージェントの魅力は分かったとして、転職エージェントはどのように選べばよいでしょうか。

結論から言うと、あなたが応募したい求人(案件)をたくさん取り扱っている転職エージェントが良いです。

それはどういうことなのか、ざっと見て行きましょう。

転職エージェントの種類

転職エージェントを利用する観点からすると取扱求人から見た分類が役に立つでしょう。その場合、転職エージェントは2つに分けられます。

総合型転職エージェントと特化型転職エージェントです。

総合型転職エージェント

総じて規模が大きく、特に取り扱うジャンル(業界、業種、職種)を限定せず、様々な求人を取り扱っています。時として百貨店にたとえられます。

特化型転職エージェント

或るジャンルに特化した求人を取り扱っています。総合型転職エージェントに対してブティックにたとえられます。従って中小規模の転職エージェントがほとんどです。求人の幅広さこそ規模に勝る総合転職エージェントには敵いませんが、専門性ときめの細かい転職支援サービスで頑張っているところもあります。

例えば、IT業界に特化、アパレル業界に特化、エンジニアに特化、管理部門に特化、財務経理に特化などです。

登録したい転職エージェント

あなたが応募したい求人をたくさん取り扱っている転職エージェントは、

  • 総合型転職エージェント
  • あなたが応募したい求人に合ったコンセプトの特化型転職エージェント

であることが判るでしょう。

特化型転職エージェント自体は全てのジャンルをカバーして存在しているわけではないので、あなたが探したい求人のジャンルに特化した転職エージェントが存在しない場合もあります。

転職したいジャンルに特化型転職エージェントが存在するのはとてもラッキーなことなのです。

あなたが登録したい転職エージェント

総合型転職エージェントとこちらは有ればですが、あなたの希望に合った特化型転職エージェントです。

あなたの転職したいジャンルに特化型転職エージェントが有るならば、とてもラッキーです。是非利用しましょう。

転職エージェントに利用するに当たって

数ある転職エージェントの中からどれを選べば良いのか。

転職エージェントには何社に登録すれば良いのか。

転職エージェントを利用することが、あなたにとってリアルになって(現実感が増して)くれば、きっと気になってくることでしょう。

結論から言うと、大手・準大手の転職エージェントに端から登録して行きます。そして登録する数に上限は有りません

ちょっとビックリしたでしょうか。

乱暴に聞こえたかもしれません。

もう少し丁寧に説明しましょう。

初めは3社に登録、その後は適宜、追加登録

実際上は、初めは3社くらいに登録し、面談を消化し、求人紹介をどの程度受けられるか様子を見ながら、適宜、転職エージェントに追加登録して行きます。

転職活動に無理のない範囲で、転職エージェントに数多く登録することで、求人情報入手のチャネルを増やして行くのです。

間断なく求人紹介を受け続ける体制作り

転職エージェントから求人企業の紹介が途切れないように維持することが有利に転職活動を進める秘訣です。ロスタイムを極力出さないよう心掛けるのです。

求人(求人案件)があれば、転職コンサルタントから密に連絡を取ることになりますから、転職コンサルタントと緊密な連絡を維持するよう努めることでもあります。紹介できる求人が途切れると転職コンサルタントの連絡も減りますから、新しい転職エージェントに登録していくのが良いわけです。

求人紹介が途切れる前に手を打つ

転職エージェントに登録したものの、初めに数社の紹介があっただけで、それ以降、紹介が受けられなくなってしまいました。

このような状況になった時、本当はこのような状況になる前が望ましいのですが、登録済みの転職エージェントに紹介依頼や催促をする一方で、新たに転職エージェントに登録して行きます。

求人紹介への貪欲さは転職成功の素

もちろん、あなたが売れっ子で、間断なく求人企業の紹介が受けられるのであれば、追加登録する必要はないかもしれません。

ただ、貪欲に幾つもの転職エージェントから求人紹介を受けていた方が、転職成功は近づくはずです。

手が回る範囲で、新たに転職エージェントに登録し続けることです。

転職エージェントもあなたが複数の転職エージェントとお付き合いしていることは当たり前のことだと考えています。

逆に1社しか登録していないことが判れば、転職の本気度や意欲そのものを疑われることにもなりかねません。

転職活動では、形振り(なりふり)構わぬ真剣さが求められるからです。

登録すれば即フル活用できるわけではない

転職エージェントに登録したとします。その時、転職コンサルタントから受ける待遇は、登録した人によって異なります。

理由は2つ有ります。

転職希望者のプロフィール

ひとつは、登録した人の職務経歴、スキル、年齢によって求人企業からの引き合いが変ってきます。つまり、転職エージェントが持つ求人に照らして考えた時、評価が高くなる人と、評価が低くなる人では、待遇が変ってきます。

登録したら、直ぐに紹介できる求人が何十社もある転職希望者と紹介できる求人が1つか2つしか見当たらない転職希望者では待遇が少なからず変ってしまうことは否定できないでしょう。大人の事情というやつです。

意味のない口コミ情報とランキング情報

ですから、先ず、登録した人の職務経歴、スキル、年齢などが詳らか(つまびらか)に分らないと、口コミ情報自体も意味をなさない訳です。ランキング情報も同じ理由で意味を持ちません。

口コミ情報やランキング情報にかかずらっている暇があるなら、規模の大きな転職エージェント、大手、準大手の転職エージェントに登録すべきです。

http://tenshoku.surikogi.net/how_to_change_your_job/no_check_required/

転職コンサルタントのパーソナリティ

もうひとつは、転職エージェントが転職コンサルタントの集合体と看做せる(みなせる)ことによります。或る転職コンサルタントがずば抜けて凄かったとしても、他の転職コンサルタントでは事情が異なると言うことです。

金太郎飴みたいにどこを切っても同じというような転職サポートは、現実には不可能なのです。誰に当たるかによって、あなたのプロフィールで誰が担当になるかによって、あなたの待遇は変ってしまうということです。

転職エージェントに数当たる労を惜しんではいけない

ですから、転職エージェントは、口コミやランキングは一切当てにしないで、規模の大きなところから直感(フィーリング)ででも選んで登録し、良縁に期待して、面談に臨むのが一番なのです。

あなたの実体験に勝る、あなたにとっての最良の転職エージェント評価は有りません。

転職コンサルタントと関わってみなければ何も分からない

口コミやランキングを幾ら読んでも、実際のことは何一つ判らないのです。

必要なのは転職エージェントがどういった求人を主として取り扱っているかという情報です。
これについては、転職エージェントの公式サイトを閲覧するのが一番良いということです。あなたが希望する勤務地の求人を取り扱っているかも直ぐに判るでしょう。しかも正確無比(せいかくむひ)です。

大手転職エージェントであれば、概ね全国をカバーしているので、即登録して全く問題ありません

会って見なければ本当のところは分からない
お見合い

お見合いを例にすると、良いアングルで撮った写真で、更にPhotoshopで修正を強く掛けたお見合い写真は幾ら見ても、イケメンや美女にはお目にかかれません。

面食いのあなたがイケメンや美女に会いたいなら、お見合い写真をフィーリングででも選んで、実際に会ってみるしかないのです。

実際のところはフィーリングさえもどうでもいい

フィーリングででも選んでと表現はしましたが、実際のところは規模の大きい順など、ざっくりで良いのです。

どこが一番大きいかなど規模の大きさ順に並べることも不毛です(無意味です)。それすらもテキトーで良いのです。

とにかく転職エージェントに登録して面談すること

転職エージェントに登録して、実際に面談し、転職コンサルタントと転職活動を進めていくことが大事なのです。

どの転職エージェントに登録するか選ぶのに時間を掛けてはいけません。

最終的には全部登録するんだと肚を括れば(はらをくくれば)、気楽に登録できます。

あなたにとって理想の転職エージェント

あなたにとって理想の転職エージェントは、あなたが転職したい求人をたくさん取り扱っている転職エージェントです。

転職エージェントから見れば、紹介したい求人に応募したい転職希望者を求めているからです。

あなたが希望する求人に相応しいキャリア(職務経歴と)とスキルを持っていると判断されれば、きっと転職エージェントもあなたを大切にしてくれます。

彼らにとってビジネスです。ビジネスチャンスを逃したくないのです。あなたに紹介したい企業がたくさんあるのです。

勿論、応募を無理強いされることはないのでご安心を。

以上の心掛けで転職活動を行えば、理想の転職エージェントに出会う前にすら転職はきっと成功していますよ。